COMPANY 企業情報

SDGs13:気候変動に具体的な対策を

13.気候変動に具体的な対策を

商品パッケージのインキの一部にバイオマスインキを使用(現在、商品61アイテムに採用)

環境負荷の低減で地球環境を保全するために、地球温暖化防止に役立ち、安全な循環型の社会形成に貢献するため、再生可能な植物由来の有機資源を活用し、CO2の抑制につながる取り組みを実施します。

「バイオマス」とは「再生可能な、生物由来の有機性資源で化石資源を除いたもの」と定義されています。バイオマスインキのメリットは、従来インキとは異なり、石油などの枯渇性資源に依存しないため、CO2の削減など持続可能な循環型社会づくりの取り組みにつながることです。また、植物由来のバイオマスは植物の成長過程で光合成により、大気中から二酸化炭素を吸収しているため、廃棄の際などに燃焼して二酸化炭素を放出しても、差し引きすると二酸化炭素量が増加しない「カーボンニュートラル」な資源といわれています。「バイオマスインキ」とは生物由来の資源(バイオマス)を使用しており、バイオマス含有率が10%以上のインキのことを指します。

バイオマスインキマーク

太陽光発電を計画中

■2022年8月着工予定
 消費電力全体の約1/4賄えるようになる。

太陽光自家消費発電 図

電気自動車の導入

・脱炭素運動
 営業車用:V2H、電気自動車(2022年8月納車予定)

SDGsロゴ

SDGs1:貧困を無くそう
SDGs2:飢餓をゼロに
SDGs3:全ての人に健康と福祉を
SDGs4:質の高い教育をみんなに
SDGs5:ジェンダー平等を実現しよう
SDGs6:安全な水とトイレを世界中に
SDGs7:エネルギーをみんなにそしてクリーン
SDGs8:働きがいも経済成長も
SDGs9:産業と技術革新の基盤を作ろう
SDGs10:人や国の不平等をなくそう
SDGs11:住み続けられるまちづくりを
SDGs12:つくる責任つかう責任
SDGs13:気候変動に具体的な対策を
SDGs14:海の豊かさを守ろう
SDGs15:陸の豊かさを守ろう
SDGs16:平和と公正をすべてのひとに
SDGs17:パートナーシップで目標を達成しよう
SDGs 円形